文字サイズ:

よくある質問

着物にはどんな種類がありますか?

主な着物の種類

黒留袖・色留袖・振袖・訪問着・附下
色無地・小紋・紬・浴衣・喪服

その他について

【男物の着物】第一礼装・準礼装
【お宮参り】初着
【七五三】三歳祝着・五歳祝着・七歳祝着

<主な着物の種類>


黒留袖(くろとめそで)
既婚女性の第一礼装です。五か所に紋を染め抜いてあり、裾だけに絵羽模様(縫い目で絵が途切れない模様)が描かれています。 祝い柄が多く用いられ、模様の位置が高いのは比較的若い人向き、低いのが年配の人向きとなっています。

色留袖(いろとめそで)
既婚女性、未婚女性ともに着られる第一礼装で、五つ紋付であれば黒留袖と同格です。三つ紋や一つ紋もあり、準礼装として格式のある催し物など広範囲に着ることができます。黒留袖と同じく裾だけに絵羽模様が施されています。黒留袖よりも広範囲に着られるため、祝い柄だけではなく訪問着のような華やかな模様も多く用いられます。

振袖(ふりそで)
未婚女性の第一礼装で、袖が長いほど格調が高くなります。大振袖は花嫁衣裳に、振袖は花嫁のお色直し・成人式・披露宴など、中振袖は茶会やパーティーなどに適しています。生地は光沢のあるものが多く用いられ、模様は華やかな絵羽模様が施されています。

訪問着(ほうもんぎ)
未婚・既婚女性ともに着られる準礼装で、結婚披露宴、パーティー、お茶会など、幅広く着られる社交着です。全体あるいは肩・袖・裾に絵羽模様が施された華やかな着物です。生地、柄ともに様々なものがあります。

附下(つけさげ)
未婚・既婚女性ともに着られる準礼装で、訪問着よりも気軽で広範囲に着られる着物です。訪問着は仮仕立てで絵羽模様が描かれていますが、附下は反物の状態で、仕立てたときに模様が上を向くように描かれています。
色無地(いろむじ)
無地の一色染めの着物で、明るい色なら慶事に、暗い色なら弔事に用いられます。紋は五つ紋、三つ紋、一つ紋があり、色・紋の数・コーディネートで格や印象が大きく変るため、利用範囲の広い着物です。流水・雲・波などの地紋は慶弔どちらにも用いられ、華やかな明るい色合いのものは慶事に、紫・藍・ねずみ色などは小物合わせで慶弔に両用できる色です。
小紋(こもん)
ちょっとしたお出かけのお洒落着で、お稽古や気軽なパーティーや街着として着用することができます。細かい同じ文様を布地一面に染めています。江戸小紋は、古くは武士の裃(かみしも)に用いられ、紋を付ければ準礼装になる格の高い着物です。
紬(つむぎ)
かつては商品にならない屑繭を綿状にした真綿を使って織られたことから、普段着として着られていました。しかし現在では、全国各区に伝わる多くの紬織りの高い伝統技術が評価され、普段着だけではなく、お洒落着や社交着としていろいろな場所で幅広く着られる着物となっています。
浴衣(ゆかた)
夏の街着、普段着として気軽に着られる単衣仕立ての木綿の着物です。古くは「湯帷子(ゆかたびら)」と呼ばれ、入浴の際に着られていました。桃山時代頃には盆踊りや夏祭りの衣装、盛夏の外出着や寝巻きなどに用いられるようになりました。藍と白に染められたものが伝統的ですが、現在は機械染めのカラフルなものが多く、化繊地や洋服ブランドのものなど様々なものがあります。
喪服(もふく)
五つ紋付の黒喪服は、葬儀や告別式など弔事の第一礼装で、地味な色合いの色無地や江戸小紋は、準礼装になります。喪服の格は着物と帯の合わせ方で決まり、黒喪服と黒共帯が第一礼装、色喪服と黒共帯、色喪服と色喪帯という順で略式になります。江戸小紋では細かい紋様を選びます。

<その他について>

【男物の着物】

男性の着物にも女性のものと同様に、様々な格や特徴があります。


第一礼装
「五つ紋付の羽織袴」です。結婚式をはじめ、改まった祝儀の席などに着ます。紋付黒羽二重の着物、羽織に仙台平に代表される織物の縞袴を合わせます。袴の縞が太めで派手な色のものは若い人向き、細かく地味な色合いのものほど年配向きです。

準礼装
色無地の織物の着物・紋付羽織は、準礼装になります。パーティーや会食、茶会などで着ます。羽織の紋は五つ紋、三つ紋、一つ紋があります。無地の織物は、紋を付けない着物に、紋付の羽織を重ね、紬の袴を合わせます。生地はお召しや紬の無地を使います。
【お宮参り】

「お宮参りは赤ちゃんの産屋の忌が明ける男児31日目、女児32日目に氏神様にお参りする日本の伝統行事です。赤ちゃんは母親の実家から贈られた着物 - 初着を祝着として纏い、氏神様にお参りします。」


初着
初着には赤ちゃんが健康に健やかに育ってほしい、その祈りが形や柄になって表現されています。女児は手鞠・花等、男児は鷲・虎・兜等が代表的な柄です。
【七五三】

子供の成長を祝う日本の行事。古くは平安時代に起源がありますが、現在のような形になったのは江戸時代からで、元来、関東を中心とした慣習でした。


三歳祝着
3歳のお祝いは「髪置の祝い」と言われ、男女とも3歳になると前髪を伸ばしたことにちなみます。現在では主に女の子が行います。帯を結ばない時は、被布(ひふ:衿肩に丸く仕立てた小衿が付き、留め具として房のある飾り紐を用いたもの)を着ます。

五歳祝着
5歳のお祝いは「袴着の祝」と言い、初めて袴を着ける男の子のお祝いです。主に男の子のお祝いです。五つ紋付熨斗目模様、または色紋付の長着とそろいの羽織を合わせます。 袴は黒・紺・茶の無地か稿柄です。

七歳祝着
女児は7歳で衣服のつけ紐をはずし、初めて帯を結びます。この儀式を「紐落としの祝」 と呼びます。女の子のお祝いです。肩揚げ(着物の背縫いの最上部から袖口までの長さを調整するため、身頃の前後の境目の肩の最も高い部分を中心に前身頃へかけて縫い揚げをとること)、おはしょり(身丈より長い部分を胴部でたくし上げた部分)、または腰揚げ(腰のところで着物を縫いつまんで着丈を調節すること)をした絵羽模様の友禅や総柄友禅を用意します。

▲このページの上部へ

帯にはどんな種類がありますか?

主な帯の種類

丸帯・袋帯・名古屋帯・八寸名古屋帯・半幅帯・染帯・角帯・兵児帯

丸帯(まるおび)
女性の礼装用です。一枚の広幅の帯地を二つ折りにして芯を入れ縫い合わせもので、女帯の中で最も豪華なつくりです。重く、締めにくいため、現在では礼装用には丸帯の代わりに袋帯が多く用いられるようになり、花嫁衣裳に用いられる程度となっています。

袋帯(ふくろおび)
帯の表裏両面を袋のようにして縁を縫ったものと、表地と裏地を別に織って、表裏を縫う袋帯があります。礼装用に用いられる豪華で格調高い袋帯の他、カジュアルなお洒落袋帯もあり、締め方は「二重太鼓」「変り結び」にします。

名古屋帯(なごやおび)
お太鼓結びの部分を並幅、胴まわりの部分を半幅に縫い合わせて仕立てた女性用の帯です。

八寸名古屋帯(はっすんなごやおび)
女帯のひとつで、帯地が厚地の織りで作られ、結びになる部分を折り返して二枚合わせにして耳を縫っています。お太鼓結びにしたときに、お太鼓の両側はあけたままになり「二重太鼓」に見えるように仕立てたものが多くあります。 「かがり名古屋帯」とも呼ばれます。
半幅帯(はんはばおび)
お太鼓の並幅の半分で仕立てた女帯です。単衣仕立てのものと、袋帯に仕立てた「小袋帯」があります。着物の着付けに必要な道具を用いずに手軽に締められ、普段着・浴衣・羽織下などに用いられます。小袋帯では礼装用に合わせられる豪華なものもあります。

染帯(そめおび)
「友禅染め」「型染め」「絞り染め」「臈纈(ろうけつ)染め」などを施した柔らかい帯です。季節感を表したものや気楽に使えるおしゃれな名古屋帯のほか、格調の高い準礼装に用いる袋帯もあります。

角帯(かくおび)
帯芯を入れた男帯です。幅10cm前後、長さ4mくらいので単(ひとえ)に織られたものと袋織りのものがあります。博多織・綴織のものが多く、素材は絹・木綿・化繊などです。

兵児帯(へこおび)
男性や子供が用いる「扱き(しごき)帯」です。並幅の柔らかい布をそのまま端をかがっただけの帯で、胴に二回りして後で結びます。近年では女性の浴衣用にも用いられています。

▲このページの上部へ

白生地にはどんな種類がありますか?

主な白生地の種類

一越縮緬・三越縮緬・古代縮緬・ 駒綸子・紋綸子・羽二重・変り無地・パレス・朱子縮緬(緞子縮緬)・縫い取り縮緬・塩瀬・精華

一越縮緬(ひとこしちりめん)
強撚糸(強く撚りをかけた織物用の糸)を左右から一本ずつ交互に織り込んだもので、小さなシボ(表面に現れる凹凸)が特徴的です。薄手のわりに、しっかりとした風合いで留袖・訪問着・附下・小紋・羽織等、幅広く使用されています。縮みやすいのが難点です。
三越縮緬(みこしちりめん)
一越縮緬の収縮性を改良したものです。左右の強撚糸との間に、弱撚糸を織り込むことで、撚りが元に戻ろうとする力を吸収し、収縮率を緩和します。表面が滑らかで縮みにくく、高級な手描友禅や精緻な江戸小紋などに好んで使用されています。
古代縮緬(こだいちりめん)
シボが大きく、独特の風合いがあり、「鬼しぼ縮緬」とも呼ばれています。小紋に染めることが多く、更紗や紅型の着物にもよく用いられています。一越縮緬に比べて重量感があり、ざっくりとした風合いがあるので、趣味的な染め帯にも好まれます。

駒綸子(こまりんず)
代表的な丹後ちりめんで、しなやかな風合いと綸子独特の光沢があり、地紋を生かした無地の着物、羽織、中振袖、訪問着、附下、色留袖などに広く用いられます。シワになりやすい欠点も比較的少なく、バランスのとれた生地でもあります。

紋綸子(もんりんず)
撚りのない絹糸を経糸に使い、その経糸を浮かせて織り上げた綸子地に地紋を織り出したものです。光沢のある部分と地紋のある部分との陰影が華やかに見えるので、花嫁衣裳や振袖・訪問着・附下などに好まれています。重めのものは着尺地、軽めのものは長襦袢地と、使い分けられています。
羽二重(はぶたえ)
経糸・緯糸ともに撚りの無い生糸を使用して、平織りで織り上げたものです。艶があり、肌触りが良く、礼服・羽織・羽織裏・胴裏地などに用います。
変り無地(かわりむじ)
変わり撚糸を使うことで、一越縮緬の縮みやすさを解消したものです。用途は、一越と同様で留袖・訪問着・附下・小紋・羽織等、幅広く使用されています。
パレス
経糸に生糸、緯糸に通称パレス撚り(より)と言われる右撚り、左撚りの強撚糸を二本交互に使用したものです。構造上、シボが目立たないのですべりが良く、一見羽二重のように見えます。裾回しや襦袢として多く用いられています。
朱子縮緬(しゅすちりめん[緞子縮緬(どんすちりめん)])
経朱子と緯朱子で文様を織りなしたもので、きらびやかな光沢を持ち、大変豪華な印象のある生地です。七五三の祝い着や、若い人向きの振袖・訪問着・附下などに用いられています。
縫い取り縮緬(ぬいとりちりめん)
縮緬地に、金糸・銀糸・うるし糸・ラメ糸などの装飾糸を使って、生地模様を織り上げた高級縮緬です。無地染にしても縫い取り文様がそのまま残るので、豪華な美しさを出したい時に用います。訪問着・色留袖・振袖・打掛け・羽織などに使われています。
塩瀬(しおぜ)
特に太い緯糸をしっかりと打ち込んだ生地で、琥珀とも呼ばれ、緯糸が太いうねりになっているところが特徴です。この生地は主に帯やふくさ、鏡台掛けなどに用いられています。
精華(せいか)
薄手の羽二重で、パレスとよく似た感触の生地です。長襦袢や八掛によく用いられます。

▲このページの上部へ

シミ抜きをしたい。

着物にシミ汚れが付いた時は、なるべく早く処理することが大切です。軽度のシミも月日と共に定着し、強固なシミとなるからです。汚れには、油性で対応するシミ、水性で対応するシミ、両性のシミなどがあり、汚れの原因となる成分によって異なります。

プロの職人さんのシミ抜き方法は多種多様ですが、基本的に油性の汚れは揮発性剤によって洗い落とします。シミのある生地の下に乾いたタオルを敷き、柔らかいガーゼやタオルに揮発剤を含ませてポンポンと上から叩き、下のタオルに汚れを移し取ります。

一方、水性のシミには水を含んだ柔らかいガーゼやタオルを使います。軽く叩いて下のタオルへ汚れを移すことは同じです。

水を使う際の注意は、お湯を使わないこと。熱は汚れを定着させてしまうからです。乾かす時、アイロンを当てることは厳禁です。また絹は摩擦に弱く、水分や湿気を含んだ状態でこすると、生地の表面が毛羽状態になってしまいます。濡れタオル等でこすり落とすことはしないようにしましょう。

両性のシミの場合は揮発処理を先にして、後から水性の成分に対応します。軽度の汚れに対しては上記の方法で対応します。いずれにしても応急処置だと考え、時間をおかずにシミ抜き屋さんへ出されることをお勧めいたします。

▲このページの上部へ

着物の家紋を変えたい。

ここでは女性の留袖・色留袖・喪服などの礼装用や、訪問着・附下・無地などの準礼装、または男性の礼装、黒紋付、略礼装の色紋付などの「抜き紋」についてお答えいたします。制約を受ける場合がありますが、家紋を変えることは基本的には可能です。

色留袖、訪問着、附下、色無地などの色物で現在の紋の「丸に…」から「丸無…」への変更が御希望の際は丸付きにする必要がある場合があります。これは元の丸があった隙間に目立たないように地色をはめ込むことがとても困難であることが理由です。留袖や喪服などは、「お誂え染め」でない限り、元々丸く染め抜いてあり、ほとんどの場合、問題なく入れ替えることが可能です。

▲このページの上部へ

染め直しがしたい。

条件付きで可能です。着物を染め直したいと思われる理由には、「お母様の形見の着物を着たいが、色やけがひどく何とかならないか。」「想いが深い着物だが、地色が派手になってしまった。」「無地の着物で少々色に飽きてしまい、染め変えたい。」など様々です。染め変えが可能かどうか、状態を事前に確かめる必要があります。古い着物は、一見状態が良く見えても生地が弱っていることがあるため、染め変える前には下洗いで汚れを落とし、確認をする必要があります。古い汚れを洗い落とすと、その部分が薄く弱くなっていることがあり、このような状態の着物は染め変えの際に生地が裂けてしまう危険があります。比較的新しくても、古い汚れが無いことが大切です。(可能かどうか事前に確かめる必要があります。)

訪問着など、柄がある着物は加工法によっては結構な料金がかかることもあり、また、思ったほど新品同様とはならない場合もあります。専門家に見てもらい、慎重に御検討されるようお勧めいたします。

【特記】
近年、着物に防水加工をすることが多くなっております。「防水加工は染め変え可能」とのことですが、染め変え前の加工は、防水物質を取り除くのではなく、防水性を一時的に止めておくもののようです。そのため、熱を加えると防水性は戻ってしまいます。熱を加えることが出来ないということは、染屋にとっては大きな問題です。染料は乗りますが、染液の裏抜けが悪く、発色も良くありません。染め変えの可能性の低い着物に防水性は非常に重宝ではありますが、将来、染め変えの可能性がある無地の着物等の防水加工には慎重に!!

▲このページの上部へ

着物の寸法を直したい。

「染め直しがしたい。」と同じような理由で仕立て直しをしたい方は多いと思います。身巾、裄、身丈などを詰めるのはそれほど難しくはありません。身丈を長くする場合は、寸法により帯下の部分で別布を継ぐことで対応できます。身巾、裄を出すのは色焼け直し及び筋消しなどが必要になり費用もそれだけ多く掛かります。

一般的に、あまり古い着物は仕立て直しには向いていません。やはり着物の状態によっては染め直しと同様に難しい場合もあります。

▲このページの上部へ