文字サイズ:

沿革

明治年間
染物同業組合を創設
大正5年5月
東京染物同業組合に改組
昭和18年11月
同業組合を解散し東京都染物商業組合を設立
昭和19年7月
企業整備令により商業組合を解散
昭和22年2月
東京都手工業組合と合併して商工組合法による、東京都染物統制組合を設立
昭和22年2月
織物統制組合を解散
昭和22年3月
商工組合法により東京都染物卸商業組合を設立
昭和28年8月
東京都染物卸商業協同組合を設立
昭和29年5月
組合名を東京都染織卸商業協同組合に、事務所を東京都中野区塔ノ山町15に開設し、定款変更
平成7年
新塔ノ山ビル完成、落成記念式典
新宿ゼロスペース、アートフォーラム六本木、東京国際フォーラムにて染織展
平成8年
自己資金による組合融資制度スタート
平成15年
組合50周年記念式典