文字サイズ:

技術的特徴

友禅染の特徴は、柄の輪郭を糊で描き、これを堤防にすることで染料の滲みや、はみ出しを防ぐ技法を使っていることです。これを糸目と言います。この糸目により、様々な美しい表現が染色で施されてきました。

この技法は、江戸時代の京都の扇絵師「宮崎友禅斎」によって、扇絵のように多様な色、絵柄を染めることが出来るまでに完成されました。それは絞りと刺繍に頼っていた染織技術に大きな変化をもたらし、「友禅染」として現代にまで伝わる世界に類を見ない画期的な染色法です。
現在行われている手描友禅は防染糊にどの様な材料を使うかにより、大きく分けて「ゴム糸目友禅」と「真糊糸目友禅」に分けることが出来ます。「ゴム糸目友禅」はコスト的にも優れ、その扱いやすさから、友禅染の作者の裾野を広め、特に第二次大戦後の友禅の着物の普及に大きく貢献することとなりました。

一方、今日の東京友禅と称されているものでは、糸目の糊にもち米を材料としている真糊(まのり)を使用した「真糊糸目友禅」が多く見られます。東京の染の作者は、もち米による旧来の真糊による防染法にこだわり、抑揚のついた味わいのある染上がりにすることで最上の物とし、他の地の染物と一線を画しています。この真糊糸目友禅は高度な経験と技術を必要とし、職人達の分業による最も古典的かつ伝統的な技法です。

東京友禅の特別な拘りとはこの真糊糸目による友禅染です。この真糊糸目友禅こそ、友禅染の伝統を正当に受け継いだ技術です。