お直し

東京友禅/シミ抜き/お直し/染め直し/家紋直し 

シミ抜き

着物にシミ汚れが付いた場合、なるべく早く処理することが大切です。軽度のシミも月日と共に定着し、強固なシミとなってしまいます。

当組合は国家資格を持つ染色補正士が対応いたします、どうぞお気軽にお問い合わせ下さいませ。

染め直し

条件付きで可能です。着物を染め直したいと思われる理由には、「お母様の着物を着たいが、色焼けがひどく何とかならないか。」「想いが深い着物だが、地色が派手になってしまった。」など様々ですが、まずは染め直しが可能かどうか、状態を確かめる必要があります。

【特記】
近年、着物に防水加工を施すことが多くなっております。様々な防水加工がある中「染め直し可能」というものもありますが、厳密には防水加工を施した時点でシミ抜きや染め直しが困難になります。

防水加工を特殊な方法で落とし、その後に直すことは可能ですが、中には完全に落とすことが難しい防水加工もございます。シミ抜きや染め直しの可能性が低い着物には防水性は効果的でありますが、永いご愛用を望むお着物の防水加工は慎重にご検討いただけると幸いです。

寸法直し

「染め直しがしたい」と似たお悩みで仕立て直しを望む方が多くいらっしゃいます。幅を詰めるのは難しくはありませんが、幅を出す、丈を長くする場合は別布を使用する、色焼け直し及び筋消しなどが必要になります。

家紋直し

制約を受ける場合がありますが、家紋を変えることは基本的には可能です。色留袖、訪問着、付下げ、色無地などの色物で現在の紋の「丸に…」から「丸無…」への変更が御希望の際は丸付きにする必要がある場合があります。留袖や喪服などは、「お誂え染め」でない限り、元々丸く染め抜いてあり、ほとんどの場合、問題なく入れ替えることが可能です。